消泡剤は液体に泡が出来ないようにするためのものです。またできてしまった泡を消すためのものとして使われることもあります。この添加物は様々な製品を作る時に用いられているものです。泡が出来たら製品に欠陥が出るといった場合には、この添加物が役立ちます。

泡ができてしまうと製造工程で作業の能率が悪くなってしまったり、製品の品質が下がってしまうことがあるからです。様々なところで使用されている消泡剤ですが、身近な物としては食品を作る時に使われているものが有名です。例えば豆腐には泡を消すために植物油からできている添加物が使われています。豆腐を作る際の泡消しは、日本においては江戸時代からすでに使われていました。

また消泡剤は化粧品を作る時にも使われています。知らない人もいるかも知れませんが、実はそれほどまでに身近な存在なのです。現代ではシリコーンオイルからできている消泡剤が広く使われています。速効性に優れていて、素早く泡を消すことができるのがこのタイプの泡消しの魅力でもあります。

また水性のものであっても、油などであっても使用することができるのも良いところです。さらにすでにできてしまった泡を消すのみならず、泡が出来る効果が持続する点も優れています。食品用のものは安全性も高く、食品添加物として認められています。シリコーン系の消泡剤にも様々なタイプのものがあるのが特徴です。

それぞれによって適した用途が異なります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です