消泡剤はどんな状況で使いますか。消泡剤は読んで字のごとく、泡を消すためのものです。そもそもなぜ泡を消す必要がありますか。泡を消す理由には色々ありますが、一つには見た目の美しさのためです。

食品であってもなくても、泡があると外観をそこないます。たとえばプリンや茶碗蒸しを作る時のことを考えてみてください。プリンや茶碗蒸しは材料を攪拌したあとにザルでこします。泡があればスプーンですくいとります。

泡があっても食べることはできますが、舌触りが悪くなるのでおいしくありません。でも、スプーンでこすという一手間でなめらかな食感になります。消泡剤を材料に投入することで泡を消すことができます。食品添加物の一種であり、食品製造業に欠かせないものです。

このように食品業界では様々な薬品や添加物が加えられています。それらは厳格な安全基準に達していなければいけません。どんな場合でも安全は何よりも優先させなければいけないからです。とはいえできれば化学的、人工的なものは最小限にしたいと考えるかもしれません。

人々の健康意識はますます高まっています。有機野菜や無農薬野菜は高くても需要があります。もちろんそうした物だけを食べているなら、病気にかからないというわけではありません。病気になるかどうかは遺伝子的な要素が大きいからです。

加えて運動や睡眠、ストレスなども健康を左右する要素です。自分ではコントロールできない要素もあります。消泡剤のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です