消泡剤とは漢字を見てもわかるように、泡を消すための添加物です。泡を消すのが実は豆腐作りでは非常に重要なのです。もし、豆腐作りで泡が残ってしまいますと舌触りに影響が出ますし、空気に触れる面積が増えるので日持ちがしなくなります。それで、豆腐屋さんは何度も布で豆乳を濾して泡を取り除くのです。

しかし、それでは手間がかかりますし、時間も必要になります。そこで登場するのが消泡剤であり、この添加物をいれることでひと手間省くことが出来るのです。もちろん、添加物を心配する人が多くいますが、豆腐が完成したときには残らない量を使っています。このように消泡剤は身近なところで使われているのです。

今度購入する前にパッケージを見るなら、ほとんどの商品に消泡剤が入っていることでしょう。現代人は商品を作る時にどうすれば効率をよく出来るか知恵を絞ってきました。朝早く起きる豆腐屋の仕事は重労働であり、簡単ではありません。その仕事を少しでも楽に出来るならそれはいいことです。

今では、工場により大量生産がなされており、全てが機械化されています。手作りの味は感じられないかもしれませんが、非常に難しい問題です。人の手をかけて作るとコストが高くなりますし、時間がかかるからです。消費者は値段だけで判断してものを購入するわけではありません。

品質や味を含めてから決めるのです。身近な商品がどのように作られているのか関心をもることは大切だと言えます。消泡剤のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です