消泡剤とは発泡を抑えたり(抑泡)、既にできた泡を消したり(破泡)、泡をひとつに大きくまとめて表面に浮上する速度を早める(脱泡)ための添加物です。豆腐の製造工程で豆乳の泡を消すのに用いられるなど、食品の製造や化粧品などに使われています。消泡剤の種類には、シリコーン系と界面活性剤やポリエーテルそして高級アルコールなどの有機系があります。シリコーン系消泡剤は汎用性が高く、速効性にも優れています。

水性・非水性のいずれの発泡液にも有効です。オイル型やオイルコンパウンド型、溶液型やエマルジョン型、そして自己乳化型に分類されます。どのタイプを使用するかは、発泡液の種類や条件によって決定します。原液での添加も可能ですが、希釈して使用することが多いです。

エマルジョン型や自己乳化型のなら水で希釈しますし、オイル型やオイルコンパウンド型なら溶剤で希釈します。添加量は必要な消泡効果によって決めますが、食品添加物として使用する際には、使用量が厳密に決められています。豆腐に使われるのはエマルジョン型がほとんどです。一方、有機系消泡剤は汎用性が低いものの、水性の発泡液の消泡において持続性にすぐれています。

ポリエーテル系では少量で効果を発揮しますが、使用する際の温度によって消泡効果が変動してしまいます。高級アルコール系は、脱気性が良く耐水性への影響が少ないのがメリットですが、高温には弱く、極度の低温では凍結の恐れがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です