これまでより消泡剤が注目を集めるようになりました。その背景にあるのは、製造の現場で求められるスピードの基準が高くなったからです。以前なら製造のプロセスで泡が付着しても、自然消失することを持っているケースが多かったです。しかし、そのようなスタンスを取っていると、生産性が著しく落ちてしまいます。

他の企業が改良のアプローチを行っているなか、そういった悠長な姿勢で臨んでいると、商品の供給競争において後れを取ることになるでしょう。そのようなリスクを最小限に抑えたい場合、消泡剤を積極的に導入するという手があります。これを製造液に含ませることで、発泡による製造スピードのダウンを抑えられるからです。日常生活において泡を問題視する人は多くないでしょう。

しかし、製造においては製品のクオリティに関わる重要な問題です。付着を確認した場合、そのまま次のプロセスに移ることはできません。自然消失も含め、何らかの手法で除去しなければなりません。とはいえ、泡に直接触れてそうするのは多くのデメリットを伴います。

それゆえ、混ぜておくだけで対策を行える消泡剤は重宝されています。もちろんコストはかかりますが、泡を除去する機器と比べると大した出費ではありません。ただし、定期的に購入が必要な消耗品なので、あらかじめ設備費などの予算に組み込んでおくと良いでしょう。希釈をはじめとして使い方を理解する必要があるため、最初の使用時はメーカーへの問い合わせも含めて、時間を長めに確保しておくことも大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です