消泡剤は泡が混入すると困る作業現場で使用する商品です。使用目的や現場で使い分けるようにします。代表的な消泡剤が活躍する現場は、塗装や製紙、ラテックス製造があるのが特徴です。セラミックスや排水専用の消泡剤があるのが特徴になります。

これらの現場で使用する際に、泡が入りトラブルになるのを防ぐのがメリットです。外気と泡の間にこの商品が入ると、膨張と圧力がかかり不要な気泡がつぶれるのが基本的な役割になります。よく見かける作業として、塗料用専用の商品です。表面を滑らかに仕上げるのに使用するのが特徴です。

製紙工場ではクラフトバブルの洗浄等に使用します。エマルジョン及びラテックスの製造過程で、消泡剤は重要な役割をしています。樹脂を使用するので専用の商品がか欠かせない現場の一つです。消泡剤は使用する規模i以外にどのような目的で使用するかがポイントになります。

少量だけ必要なのか、大規模な設備で必要かで使用する会社や製品を選ぶのがポイントです。粘度の高いものの処理に使うのか、水を使用する処理に使うのか出選び方が変わります。電子部品を製造する際と、電池制作の会社では選び方が琴なるのが特徴です。研究所のように少量が必要な方から大規模な製紙工場や部品メーカーで使用する場合は会社選びが異なります。

この商品は会社により特徴や取扱量が異なり、予算以外に特徴を確認して購入するのが特徴です。複数の会社から選択するようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です