液体に泡が出来るのを防いだり、出来た泡を消すために使われるのが消泡剤という添加物です。この添加物は、食品用から工業用まで様々なものがあります。なぜ使用するのかというと製品を作る際に泡ができると作業の能率が悪くなったり、製品の品質が劣化することがあります。そのような場面で、泡が残ってしまうと困る場合に使われているのです。

泡を消すための方法としては機械で圧力を加えるなどといった方法もありますが、それよりも作業効率が良いのは消泡剤を使用する方法です。この添加物を用いれば、泡を機械で消すよりもコストを抑えながらも効率よく泡を消すことが可能となります。現代において最も広く使われているのは、シリコーン系のものです。しかし一口にシリコーン系といっても、その種類には様々なものがあります。

その中の1つであるオイルタイプのものは、100パーセントシリコーンオイルでできています。油性の液体の泡に対処するために使用するのに向いている消泡剤です。また溶液タイプも、油性のもの向けの添加物です。溶液にすることによって使いやすくしているのがこのタイプの特徴となっています。

これらのほかには、オイルコンパウンドのものもあります。この消泡剤にはシリカの粉末が入っているのが特徴です。シリカの粉が入っていることで水性の泡を消すのに役立ちます。自己乳化タイプの消泡剤は水系のものにも、そうでないものにも使用することが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です