<消泡剤>耳慣れない言葉ですが、実はとても身近な存在です。知られてないけど、私たちの生活を支えてくれている消泡剤についてご紹介します。消泡剤とは、簡単にいうと食品添加物の一種です。もっとも身近なところでいうと、豆腐に使用されています。

豆腐を作る際には、たくさんの泡がでます。昔はその泡を消すために、泡を布ですくって濾したりと相当な労力を使っていたそうです。泡があると見た目や食感が悪くなり、空気に触れる面積が多くなることから日持ちもしなくなります。それを消泡剤を使うことで簡単に消すことができます。

昔のような労力を必要としなくなったため、安定してコストを抑えて豆腐を生産することができるようになりました。私たちがおいしくて体にいい豆腐を手軽に食べるために必要な存在なのです。さて、私たちの生活に欠かせないことはわかりましたが、気になるのが体への影響です。おいしい豆腐が食べられても、人体に害や危険性があっては本末転倒です。

人体への影響はどうなっているのでしょうか。消泡剤は食品添加物の中でも加工助剤に分類されています。加工助剤というのは、最終的に食品中に成分が残らないということを意味しています。そのため、害や危険性を気にすることなく、安心して食べることができます。

やわらかくて栄養たっぷり、ヘルシーでリーズナブルな豆腐は、さまざまな味付けで楽しむことができ、赤ちゃんからお年寄りまでみんなに愛される食材ですね。消泡剤のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です