消泡剤はどんな働きをしますか。液体の中に発生したパワーを抑えることができます。液体にごく少量入れるだけで効果を発揮します。泡の正体は液体が膜上になったものであり、その中に空気が入っています。

消泡剤にはいろいろな種類がありますが、その1つはオイルタイプです。オイルタイプは鉱物油に有効成分が加えられたものであり、すぐに作用することが特徴です。熱にも強いので液体の温度が高くても使用可能です。また値段が安いので使いやすいことも特徴です。

一方で持続性が弱いと言う欠点もあります。別の消泡剤は界面活性剤方です。泡を消す効果が高いのでごく少量で済みます。値段が高いので慎重に取り扱わなければいけません。

このように消泡剤はいろいろなタイプがあります。対象物の状態に応じて必要なものを選ぶことがポイントです。食品に使われる消泡剤には別のものがあります。例えば市販の豆腐に中にも含まれています。

泡が消えることで、口当たりの良い滑らかな豆腐が出来上がります。このように生活の中のいろいろなシーンで使われています。良い製品を作るのに欠かせない物質です。豆腐と同様にスポンジケーキを作る時にも泡を消します。

泡があると良くない生地になってしまうからです。ケーキ型に流し込んだ後に、台やテーブルに打ちつけます。少し高いところから落としても消えます。衝撃を与えることで、泡が消える仕組みです。

もちろん家庭用に一個作るだけなので手作業が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です