栄養価の高い食品として人気の高い豆腐ですが、豆腐を製造する際に使用される食品添加物である「消泡剤」はどんなものか知らないという方は多いです。添加物というと悪いイメージをお持ちの方も多いですが、消泡剤の正しい知識を身につけることで安心して食品が選べるようになります。まず消泡剤とは様々な製品の製造工程の中で泡が出来たり、泡が残ったりするのを防ぐために使用される添加物です。この添加物は主に食品と日用品、化粧品など幅広いものに使用されており、豆腐の製造過程では原材料である大豆に含まれるサポニンが水に溶けることで、石鹸のように大量に泡立ってしまいます。

昔はその泡を消すために相当な労力が必要でしたが、現在は消泡剤を使用することで製造の作業効率があがり安定的に生産可能となっています。もし消泡剤を使用せずに豆腐を作った場合、大豆に含まれるサポニンの性質により製造過程の中で泡が大量に発生し、気泡だらけの豆腐は見た目が悪くなるだけではなく、食感の悪さやたくさんの空気に触れることで品質の劣化が進みます。そこで次から次に発生する泡を取り除くためにこの添加物を使用することで、品質の高い安定した豆腐を製造出来るようになりました。多くの方が気にする部分であるのが、食べても害はないのかという点ですが、食物添加物の中でも加工助剤に分類され、最終的に食品中に残らない特徴があります。

そのため人体への害や危険性はなく、安心して食べることが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です