石鹸や洗剤などで見かける泡には良い部分と悪い部分があり、手や食器を洗う時には泡立ちが良い方がしっかりと汚れも洗い落とせます。シャンプーもやはり泡があることでしっかり髪の毛も洗えて、洗浄効果を高めるときには欠かせないと言えます。普段の生活だと役立つことが多く生活自体を豊かにしていると言えます。ただ、産業だと逆にデメリットになることもあって、豆腐は普通に作ると大変たくさんの泡が発生しこれをそのままにすると見た目が悪くなって商品としては販売できなくなります。

多いことはそれだけ空気もたくさん含んでいて日持ちも悪くなって腐りやすくなります。工業系で製品を製造する工場も厄介な尊大でモーターなどで発生すると故障の原因にあることもあり、この厄介なものを簡単に素早く消せるのが消泡剤です。これは豆腐に使うものだと食品添加物で安全性も高く食べても全く問題なく、工場だと早く消せるので生産性も上がりメリットが多いです。消泡剤は食品を加工するときに発生させないために、たくさんの食品の中へ入っていて豆腐以外にもプリン・ゼリー・缶コーヒー・ジャム・アイス・ヨーグルトなどにも含まれてます。

高野豆腐や手作り豆腐でない限りは、工場で製造されたものには必ず入ってます。大豆にはサポニンが入っていて、これは抗酸化作用もあって体には嬉しいのですが作る途中では泡が出る元でもあります。原材料を見ると消泡剤またはシリコーンと書いてありますが、表記はしなくてもいい加工助剤で商品により記載されているのとされてないものとばらついてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です