発泡現象が原因で製品の品質が低下していることが分かった際には、すぐにでも消泡工程の調整を始める必要があります。泡を消すために物理的方法や機械的方法を選ぶのではなく、化学的に泡を減らしていくのが理想的です。消泡剤を使うことによって表面張力を全体的に低下させて、発泡現象を確実に減らせるところが注目されています。いくつかのタイプがあるために、消泡剤を選ぶ際には加工する製品の種類に合わせることも重要です。

溶剤などを混入させずに作業を進めたいのなら、水も混入させずに済むオイル型を選ぶことをおすすめします。シリコーンオイルを100%使っているものは油性の発泡液にも合っており、短時間で効果が実感できるのが魅力です。エマルジョン型は水性発泡液用の消泡剤として有名で、食品添加物に発生する泡を消したい時にも適用できます。持続性に優れているものを選びたいのなら自己乳化型が最適だと言われており、アルカリ性発泡液に対しても優れた効果を発揮するのが特徴です。

自己乳化型は塗料やインキにも使いやすいのが便利な点で、少量でも広範囲に適用できるためにコストパフォーマンスでも優れています。シリカ粉を配合したオイルコンパウンド型は、油性と水性の両方に対して有効なために、条件を問わずに使えるのが便利だと好評です。いくつかの消泡剤を使い分けるのが面倒だと感じているのなら、オイルコンパウド型などを活用するべきか考えて、目的に合うものを選ぶことを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です