消泡剤を利用したいと考えている場合、どのようなタイプの製品が販売されているのか把握することが大切です。製品の種類の1つとしてあげられるのが、オイルタイプです。オイルタイプは、鉱物油などに消泡成分を分散させてつくられています。表面の泡を速やかに消すのに適していて、熱にも強いという特徴があげられます。

ただし即効性は高いものの、持続性が低いという点を理解して使うようにしましょう。また消泡剤のタイプの中には、活性剤タイプもあります。活性剤タイプは界面活性剤の一種ですが、通常の洗剤とは性質が異なります。一般的な洗剤は親水性が高く発泡性がありますが、活性剤タイプの消泡剤は、疎水性があって油性の性質を持ちます。

そして活性剤タイプは、有効成分が9割~10割で少しの量でも高い消泡効果が期待できます。安定性に優れて長期保存にも適した製品になります。ほかにもエマルションタイプという選択肢もあります。これは消泡剤成分を見ずに入荷分水させたもので、分散性に優れて系内への影響が少ないことがメリットの1つです。

エマルションタイプで注意が必要なポイントになるのが、長期保存は増粘固化や分離によって消泡効果が薄れてしまう可能性があることです。このように消泡剤といっても、さまざまな種類があげられます。タイプごとにどのような特徴があるのか理解して、どのような製品を利用するか考えていきましょう。特徴を比較して、状況にあったものを選ぶことが大切です。

消泡剤のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です