私たち人間が生活する上で、それほど泡について意識することはあまりないかもしれません。この泡は実は良い面と悪い面の両方を持ち合わせていると言えるでしょう。シャンプーをしたり手を洗ったりする時などは、泡立ちが良い方がしっかりと洗うことができると好まれる傾向にあります。一般的な人間の生活においては、役に立つ、良い効果をもたらすケースが多く見られます。

しかし産業の分野においては、デメリットになるケースが多いです。具体的な例を一つ挙げると、豆腐を製造するケースがこれに該当します。豆腐を製造する過程では、多くの泡が発生することがあります。この泡を放置したままにすると、穴だらけの豆腐となり、見た目も悪くなってしまうので売れなくなってしまうのです。

それだけではなく、泡がたくさんあるということは空気が多く含まれているということになり、日持ちも悪くなり腐りやすくなってしまうデメリットが生じます。その他にも工業系の製造を担っている工場でも、この泡が問題になるケースが数多く見られます。万が一モーターなどに泡が発生した場合にはこれが故障の原因にもなりかねません。このような泡を消すための手段として選ばれるものが、消泡剤です。

消泡剤は豆腐に使用するものの場合には、食品添加物に当たるため安全性にも問題なく使うことが可能です。工場などにおいては、泡を素早く消すことにつながるため、生産性の向上も期待できるでしょう。このように様々な分野で消泡剤は使われ、大きなメリットがあることがわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です