Skip to content

営業支援が必要とされる場合について

個人事業主や零細企業であれば自然とスタッフ間の連携を取ることができるため、あまり情報の属人化について悩む必要はありません。しかし事業が軌道に乗って組織が大きくなると、スタッフ間や部署間で情報が共有されないため効果的な営業活動ができなくなることがあります。組織全体で効率的な営業活動を行うには、営業支援によってスタッフ間や部署間の連携を緊密なものにする必要があります。営業支援とは企業が効果的な営業活動を行うために必要とされる様々な施策のことであり、最近ではSFAと呼ばれるツールを導入するケースが増えています。

SFAとはSalesForceAutomationのことで営業支援システムや営業の自動化、営業管理ツールなどと呼ばれます。このツールは営業支援を目的としており、スタッフの負担を軽減して組織的かつ効率的な営業活動を可能にする様々な機能が備えられています。情報を一元的に管理して分析を行うだけでなく、見積書や日報・週報、レポートなどを作成する機能もあります。営業スタッフは顧客リストを作成してテレアポを行い、実際に顧客を訪れて商品やサービスなどを紹介します。

他にも見積書や企画書などを作成したり、既存の顧客のアフターフォローを行うなど様々な業務を1人でこなさなければなりません。SFAを使えば定型的な業務や繰り返し行われる業務を自動化し、スタッフの負担を軽減できます。さらにこのツールには営業活動に関する様々な情報を一元管理する機能もあります。規模の大きな会社でもSFAを使えば様々な情報やノウハウをスタッフ全体で共有できます。

スタッフの負担を軽減し営業活動に専念させたい場合や、情報を共有して組織的な営業活動を行いたい場合にSFAが役立っています。営業支援のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です