Skip to content

営業のない会社が利用する営業支援サービス

大企業に勤めていると想像が出来ないかもしれませんが、営業部門のない会社というのも存在します。それは数人で回している会社などもありますが、それなりに50人程度の規模があっても、ない場合もあるのです。仕事が全く途切れる事なく入って来る業種というものはあり、インフラに関わるものが多いですが、そうでなくても数十年にわたり順調なところもあります。今の仕事が終われば当たり前の様に次に控えている状態になれば、営業は必要ありません。

営業部門がない状態が長年続くと、その経験を持った人もいなくなるため、いざ何かあった時に困ってしまいます。なくなるはずのない仕事がなくなり、人もいて技術もあるのに仕事が来ない、そんな状態です。そういった時に慌てて人を採用するよりも、営業支援サービスを利用しましょう。営業支援サービスはその名の通り、お金を払って契約して、営業支援してもらう代行の会社です。

自社の事を他人にお願いするのは中々恐いところもありますが、それはそれでプロなので、しっかりと短期間で学び、適切な営業をしてくれます。また、その会社自体が独自の営業網を持っていて、自社の業種にあった取引先を上手く探してくれるのですから、これから新しく人を雇うよりかなり可能性のある施策だと言えるでしょう。なかなかメジャーなものとは言えませんが、外部に多少の情報を出すリスクを考えても、これを利用して急場を凌ぐのは悪くない手法かもしれません。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です