Skip to content

営業支援サービスの活用

営業という仕事を聞くと、飛び込み営業を連想する人も多いのではないでしょうか。アポイントメントのない会社に飛び込みで話をしに行き、嫌な顔をされながらも自社の商品を売り込むというものです。ただ、それ以外にもルート営業というものがあり、お決まりのお得意様へ補充や新しい商品などを説明する役回りがあります。そういった仕事は常に動き回っていて、車での移動なので疲れが取れず大変な仕事です。

急に取引先が増えても、物理的な移動距離があるので一人で倍の場所を回れたりはしません。困った時は営業支援サービスを利用しましょう。営業支援サービスは営業の外注であり、様々な用途で使うことが出来ます。所属しているスタッフはプロなので、対人関係に対して何も問題はありませんが、自社の仕事内容は知らないので最初に覚えてもらう必要があります。

その意味では自社スタッフと同等という訳にはいかないのですが、逆に考えると人を雇わずに営業支援がいれば助かるという考え方も出来ます。特に、一時的に人が足りない状況の場合には新しい人を採用するのには躊躇するのではないでしょうか。そこで機関を決めて営業支援を使う事で、その費用対効果を抑制する事が出来るのです。一度使ってみると、案外業務内容を教える事が難しくなく、簡単に覚えて仕事に行ってくれる事に驚くはずです。

他社のものであってもその業務自体の経験があれば、あとは本人の資質次第で仕事は出来ます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です