Skip to content

営業支援ツールの種類

営業支援は、営業部門のコア業務である顧客へのアプローチなどの業務に集中して行うためのツールになります。営業支援のツールの種類は様々なものがあるため、導入する場合には自社にあった種類のものを選ぶことが重要です。営業支援の形は様々ですが、案件管理に強いタイプはヒアリング・提案・受注などの機能に優れています。案件がどの段階にあるかをすぐに把握することができ、操作性が高く、項目追加・編集・並べ替えもしやすいタイプが多いです。

自社の営業体制に反映しやすくなっていて、案件管理に力を入れたいという会社に向いてます。マーケティングやカスタマーサクセスに連携がとりやすく、営業活動前後の業務まで効率化したいという会社に向いているタイプもあります。見込み客の獲得から育成・発掘・アポを取ったり、商談にクロージングまで一本化することでより効率的に業務を行うことが可能です。外回り・現場業務におすすめのタイプもあって、スマートフォンやタブレットなど持ち運びしやすい端末向けのものになります。

現場で即座に情報を入力することができるもので、訪問履歴や作業履歴などを残せる機能や、ルート営業・メンテナンス・保守業務などの現場訪問中心の報告業務が多いところには最適と言えます。いろいろなタイプがありますが、営業体制や業務との相性の良いものを選ばなければ、導入に失敗したということになってしまいます。選ぶためには、必要な機能・不必要な機能など考えた上で選ぶことが良いとされています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です