Skip to content

導入が進むインサイドセールスで感じられるメリット

商品を顧客へと販売するような仕事では、営業職の社員が顧客先の担当者と事前に予約をした上で商談に向かう方法が一般的でした。直接に会って会話をするということ自体は上手にコミュニケーションをとるには重要なことですが、現在では従来型の営業方法ではなくインサイドセールスが普及をしていることが現実です。内勤型の営業になることから電話やメール、ウェブ会議などを使って商品の販売につなげる方法になり、フィールドセールスとの大きな違いは、移動時間が掛からないことや交通費が掛からないこと、見込み客に対して時間をかけて商談をすることができるメリットもあります。従来型の営業では商談を行った際に顧客先が購入に至らない場合は、時間を無駄にしてしまいますが、インサイドセールスでは無駄足にならずに商談を何度も繰り返すことができ、見込み客さえしっかりと判断できれば会社の売り上げアップに期待が持てることもメリットです。

インサイドセールスはシステム化されたパッケージを購入することで顧客リストを作り出して成果までインプットする方法もありますが、パソコン画面からでもウェブ会議を開くことはでき、この方法では1社ではなく同時に複数の会社に対して商談を行える便利さもあります。成功するためにはウェブ会議でセールスを行う内容は事前に十分にアピールできるように話す言葉や資料などを準備しておく必要性がありますが、ウェブ会議は1方向だけではなく参加をしている取り引き先担当者の方からの質疑応答も行えるので、非対面ではありますが質の高い営業を行うことは十分に可能です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です