Skip to content

SFAとは万能営業支援ツールではない

SFAとはこれまでの営業支援ツールの問題点を解決し、使いやすくしたものと誤解されている傾向があります。特にCRMとの比較をしてその優位性を提唱していることも多いのですが、そもそもCRMとSFAは全く性質の違うものであるため、これを比較してその性能を競うこと自体が誤りです。SFAとは営業活動を効率的に行うための支援ツールであり、案件の成功に必要な様々な情報を多方面から受け取ることができるほか、この情報を様々な関連部署に展開することができる仕組みを備えているものであることが特徴です。一方CRMは特定の顧客に対してこれまでの商談記録や顧客の特性をまとめたものとなっており、新たな商談の際にこれまでのその顧客の傾向を分析するために必要な情報を網羅しているものとなっています。

全く性質の違うものであるため、その使い方も異なるので、この点に十分に注意をして上手に使いこなせなければなりません。そもそもこのような間違いが起こりやすい原因は、CRMに対して誤った解釈をしている企業が多いことが要因です。顧客管理データベースといった呼び名がつけられたり、また営業支援ツールといった呼び名が付けられることも多いのですが、これはその内容を誤って解釈する要因となります。そのためSFAが営業支援ツールと呼ばれたときに、同じような機能を持つ進化系であると誤って解釈するケースが多くなっています。

SFAとはCRMとは全く異なるものであり、これらを併用することでより高い効果をもたらすものと認識しておくことが重要です。SFAとはのことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です