Skip to content

SFAとは営業活動を可視化し売上げを最大化する

SFAとはセールス・フォース・オートメーションの略で営業支援システムのことです。アメリカでオフィスオートメーションに変わるものとして提唱され開発されました。属人化しやすい営業業務を可視化することで標準化し、管理コストを下げることで経営全体としてみた場合の生産性を上げることが目的です。導入することで得られるメリットは3つで、まず1つは最適な営業プロセスへ改善可能になり情報の収集と分析ができるよことです。

2つ目は情報資産を共有化することで属人的になりがちなノウハウを有効活用できること、そして3つ目は出先から情報を入力することで営業力全体を強化できる点です。具体的な機能ですが、中心的なのは顧客管理です。顧客に関わる情報を一元管理することで担当者の異動や退職に備えることができます。見込み客を効率よく受注へと繋げる案件管理も備わっており、企業名と担当者名、受注見込み金額などをマネージャーが管理することで営業担当者へアドバイスして契約に繋げます。

営業スケジュール管理もできます。担当者のスケジュールやプロセスを管理することで、営業担当者の一日の営業活動を管理できますし、想定受注金額を元に売上げを予測できる機能も備わっています。つまりSFAとは現状の売上金額を目標額を見ながら人員配置を考えることができる機能を備えているといえるのです。このようにSFAとはこれまでなかなか見えづらく管理しづらかった営業活動を可視化し一元管理することで、最適な人員配置と営業戦略を可能にし、売上げを最大化させるための仕組みです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です