Skip to content

SFAとは営業支援システムなどを指す

SFAとはSalesForceAutomationの略語であり、日本では営業支援システムなどのことを指します。企業における営業部門の情報や、業務プロセスなどの自動化を実現できます。SFAとは営業活動による情報全般のデータ化を行い、蓄積し分析することが可能なシステムです。国内経済の長引く不況と市場の停滞、及び縮小などが原因でSFAが注目を集める背景になりました。

SFAとは売上や利益などの拡大に貢献しながら営業プロセス最適化と、効率的に案件を管理しコスト削減可能なシステムといえるでしょう。SFAの顧客管理機能は基本的な情報の顧客名及び企業情報をはじめ、担当者と役職や商談履歴加えて名刺管理など。これにより営業活動における内容の、可視化を実現できる点が特徴です。案件管理機能は営業活動時の案件ごとにおける、進捗状況と詳細情報などを把握及び管理可能な機能です。

記録可能な情報は案件ごとの営業担当者をはじめ客先担当者、商談の進捗度と受注見込み確度や見積もり加えて売上金額などになります。また行動管理機能は営業マンにおける、営業活動時の行動並びに結果を数値化による記録ができる機能です。蓄積管理可能な情報は担当者の訪問回数、サービスへの興味関心の度合いと提案商材数や受注率などが挙げられます。行動管理機能搭載により細かい提案内容の作成や、営業マンの評価基準など役立つことに間違いありません。

そして予実管理機能は、営業プロセスごとの積み上げられたデータを基にします。売上予測並びに実績を担当者と案件や、期間など多角的基準から可視化する機能です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です