Skip to content

CRMを導入するメリット

顧客情報を一元管理することができれば企業はあらゆるメリットを享受することができます。顧客情報とは、年齢や性別、在住地などの属性情報や、過去の購入履歴つまり、いつ何をいくらで購入したか、顧客の商品やサービスに対する感想などのことです。売り上げを上げるためには顧客満足度を高めることが必要です。それを実現するツールがCRMです。

CRMの一元化された情報を活用すれば、顧客が何を求めているのかを把握することができ、営業活動において効率的な対応をすることができ、テレアポやメールなどの顧客に対するアプローチ方法や訪問営業などの費用対効果などを把握することもできます。これまで成果のでなかった営業活動の弱点や活かすべき強みなどを把握し、業務の改善をすることもできます。また、CRMを利用すれば、営業部門のスタッフ同士で情報を共有することができ、最新情報を得ることもできるので、顧客に対し効率的なアプローチができることになります。CRMの情報は営業部のみではなく、マーケティング部や事業企画部などのスタッフも共有することができるので、全社で効率的な業務をすることができます。

営業部門の売上のほとんどは、優れた営業マンの実績によるものと言われています。つまり属人的な要素が強いのです。しかし、CRMの導入により、優れた営業マンの暗黙知を全ての営業マンが共有することができ、チーム全体での成果を高めることができるのです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です