Skip to content

CRMで顧客満足度を上げる

売上アップするためには、顧客情報を管理することが必要です。例えば、顧客の年齢や性別、居住地域などの属性を把握することができれば営業活動の効率アップが期待できます。SNSやメールなどを活用し、必要な時に必要な情報を顧客に対し発信することもできますので、顧客満足度は上がり売上アップにつながるのです。これを実現できるツールがCRMです。

昨今、顧客ニーズが多様化しており、従来の商品やサービスがすぐに陳腐化してしまう状況です。企業は常に最新の顧客情報を把握し、新たな取り組みをすることが重要です。しかし従来の手法は属人的な情報のために客観的な正しい情報を得ることは難しいです。そこでCRMを活用するのです。

具体的にCRMを効率的に活用するには、顧客とのやりとりを記録し、分析したうえで業務に活かすことです。誰が何をどんな時期に購入したのか、価格はいくらか、クレームの有無など顧客との関連を全て考慮してより良い営業活動ができるようにするのです。顧客情報を一元化し、いつでも確認できるようにしておけば、営業マンの生産性は向上しますし、リアルタイムな情報を得ることができること、営業部内のスタッフ同士で情報共有ができます。営業チーム全体で業務効率を上げることができるのです。

CRMの活用で顧客満足度を高め、リアルタイムに情報を得ることで新たな商品やサービスの開発に活かすこともできますし、営業部だけではなくマーケティング部や事業開発部など他部署との連携を深めることもできます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です