Skip to content

業務効率化や売上アップに貢献できるCRMとは

顧客に対しあらゆる商品やサービスを提供する役割を持つのが営業マンです。営業マンがしっかりと実績を上げるためには、顧客の属性や要望、クレームなどについて把握する必要があります。従来の組織では営業部のスタッフ同士で情報交換をすること、マーケティング部との連携など俗人的な方法で顧客情報を把握する方法のみでした。しかし、AIの進化により、営業において顧客情報を一元的に管理するツールが近年重要視されています。

このツールをCRMと言います。CRMとはカスタマリレーションシップマネジメントの略です。文字通り顧客との関連を重視した活動と考えれば良いです。営業マンの頭の中にある個人的な情報を全ての人が共有できるツールであり、優秀な営業マンの暗黙知を共有することができるのです。

CRMを導入するメリットは売上を上げること、原価を下げて利益を増加させること、企業の競争力を高めることです。そのメリットを享受するためには、必要な情報、情報を活用するための方法などを考えなければなりません。CRMを導入しても使い方次第では、全く効果がないのです。これまで全て人が対応していた営業活動を自動化することで、人が対応すべき重要な活動のみに尽力できることで営業の業務のレベルアップができ、営業マンの業務に対するモチベーションを上げることもできます。

そして売上アップ、利益向上に貢献することができるのです。CRMをいかに利用するのか設計することが大切です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です