Skip to content

SFAとは営業活動を組織化するツール

SFAとは、CRMに類似している機能や重複している部分を持つ営業支援ツールで、SFAとは営業活動を組織化するといった特徴があります。他にも、MAツールと呼ぶマーケティング活動を効率化する目的で利用するものもあるのですが、MAはSFAやCRMと機能が大きく異なっていることや使用される部門にも違いがあるなど、混同されることは殆どありません。これに対してSFAとCRMは重複している機能が多数ありますし、元々別の領域を処理する目的で開発が行われたけれども両者を営業部門が使用したり、似たような機能が実装されていることからユーザー側は混同しやすいようです。そのため、SFAとは・CRMとはといった具合にそれぞれの特徴をしっかり理解して、自社もしくは自分たちの部署ではSFAとCRMの選択に迷わないような状況にしておくことをおすすめします。

ところで、SFAとはセールス・フォース・オートメーションの略語で日本語で営業支援ツールなどの意味になるわけですが、営業業務の中でも商談管理を得意領域にしているツールになります。各営業マンが行っている商談の進捗状況や契約額の目安、成約確度といった商談に関する様々なデータをそれぞれの商談ごとに管理することが可能です。営業担当者は、現在どのような商談にアクションを行うのが良いのかマネージャー側は停滞ぎみになっている案件に対して的確なフォローおよびアドバイスを行うことが可能になって来ます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です